貧困ジャーナリズム大賞に沖縄タイムス「ひきこもり」記事

 今年で13回目となる「貧困ジャーナリズム大賞」の授賞式とシンポジウムが、11月26日夜 、文京区民センターで行われた。大賞は、沖縄タイムスの篠原知恵、又吉嘉例、嘉数よし の、勝浦大輔記者による長期連載「『独り』をつないで-ひきこもりの像-」とした。

 「貧困ジャーナリズム特別賞」は、あらいぴろよさんのコミック「虐待父がようやく死 んだ」と映画監督隅田靖の映画「子どもたちをよろしく」。「貧困ジャーナリズム賞」は 10作で以下のとおり。

 中国新聞の栾暁雨(らん・しょうう)、林淳一郎「この働き方大丈夫?」、ドキュメン タリーコレクティブDocuMeme(ドキュミーム)の松井至、内山直樹、久保田徹、平野まゆ 、中川あゆみの NHKBS1スペシャル「東京リトルネロ」など。小原美和(NHKプロデューサー)、後藤秀典 (ディレクター)、長塚洋(ディレクター)のNHKテレビ番組「分断の果てに“原発事故 避難者”は問いかける」、NHK青山浩平のETV特集「調査ドキュメント〜外国人技能実習制 度を追う〜」、毎日新聞 上東麻子、塩田彩、宇多川はるかの連載「やまゆり園事件は終 わったか」、神奈川新聞取材班(佐藤奇平 田中大樹 高田俊吾 成田洋樹 石川泰大 川島秀宜 山本昭子)の「やまゆり園事件」(幻 冬舎)などを中心とした報道について。テレビ新潟報道部加藤頌子、捧美和子、芝至、須 山司の「桜SOS ~フードバンクと令和の貧困~」、朝日新聞白石昌幸、山田佳奈の「内密 出産 国は動かず」、 藤田和恵の「『コロナで失業』40歳男性はなぜ派遣を選ぶのか」(東洋経済オンライン) 、東京新聞 中村真暁の「足立区生活保護とりやめ問題」。

 今回は、自薦他薦合わせて相当数の選考対象作からこの13作を選んだ。大賞についての み選考理由を紹介する。

 内閣府の調べでは、わが国における15歳から64歳までの「ひきこもり」の人数は115万4000人と推計されている。ひきこもりが長期化・高齢化する中で、80代の親が50代の子ども の面倒を見て生活困窮に陥る「8050問題」は深刻な社会問題となってきている。しかしな がら、ひきこもりは本人の努力不足や甘えの問題、親のしつけの問題とする「自己責任」 「家族の責任」を問う風潮が強いため、本人や家族の多くは社会の中でひっそりと身を潜 めて暮らしているのが現状である。また、これまで国や自治体もひきこもりの問題を重要 な社会問題として直視してこなかった。 沖縄タイムス社の本報道は、長期間にわたる取材の中で本人や家族、支援者らとの信頼関 係を築きながら、口をつぐみがちな本人や家族の声なき声を拾い上げ、これまで分かりづ らかった本人や家族が直面する厳しい現実と苦悩を「当事者の目線」で伝える報道である 。本報道が、同じような問題を抱えて悩んでいる全国のひきこもり当事者や家族を大いに 励ます報道になったことは想像に難くない。また、本報道をきっかけに、官民連携した「 ひきこもり家族会」の発足や自治体においてひきこもり支援体制を強化する動きが出てき ていることは、マスコミ報道の重要性と役割を改めて再確認させるものである。

 会場には受賞者を含めおよそ70人が来場、表彰式に続くシンポジウムに聴き入った。「 有名な賞よりこの賞をいただけることが何よりも嬉しく、励みになる」「報道でこうい う賞をいただくのは複雑な思い。いくら頑張って報道しても改善になっていないからだ。 副賞金額ゼロが救い」「どの取材をしても当事者以外は得している社会が見えてくる」な どジャーナリストの言葉が胸に沁みる、シンポジウムだった。

 なお、あらいぴろよさんからは欠席のメッセージが寄せられ、中国新聞のお二人はオン ラインで参加された。(白石孝)

ダウンロード
★2020ジャーナリズム当日配布3.pdf
PDFファイル 581.8 KB

貧困ジャーナリズム大賞2020 募集要項が決まりました

毎年恒例の「貧困ジャーナリズム大賞」について、応募要項が確定しましたのでお知らせいたします。今回はとりわけ「コロナ禍と貧困」を重点的に取り上げます。表彰式でもコロナ禍をメインテーマとする予定です。(反貧困ネットワーク事務局より)

★10月31日(金)必着で作品を募集します。応募をお待ちしております。
★11月26日(木)夜に表彰式を行います
★プレ企画として9月末にオンラインでの集会を予定しています。

プレ企画については詳細決まり次第お知らせいたします。よろしくお願いいたします。募集要項と応募用紙を添付します。

「貧困ジャーナリズム大賞2020」募集要項

■概要

 「貧困」に関する報道の分野でめざましい活躍をみせ、世間の理解を促すことに貢献したジャーナリストたちを顕彰します。日本社会が抱える貧困の問題において、隠されていた真実を白日の下にさらしたスクープ報道、綿密な取材で社会構造の欠陥や政策の不備を訴えた調査報道、地道な努力で問題を訴え続けた継続報道などが対象です。取材される側である当事者や専門家の側から見た報道の評価を年に1度、社会に示したいと思っています。
 なお、今回はとりわけ「コロナ禍と貧困」を重点的に取り上げます。表彰式でもコロナ禍をメインテーマとする予定です。

「貧困ジャーナリズム大賞」(1、2点) 賞品:賞状、反貧困グッズ
「貧困ジャーナリズム賞」(数点) 賞品:賞状、反貧困グッズ
「貧困ジャーナリズム特別賞」(1、2点) 賞品:賞状、反貧困グッズ

■応募規定

対象:2019年9月上旬~2020年10月下旬までに発表された報道活動(新聞、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ番組、インターネットなどのジャンルを含みます)。組織所属か否かは問わず「個人」(グループも可)が対象です。

応募条件
・応募作品は、原則として返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
・応募作品は、表彰式にて、一般参加者に公開(視聴・閲覧)されます。
 また受賞者には原則として表彰式に伴って行われる貧困ジャーナリズム大賞のシンポジウムへの参加をお願いしています。

■応募締切 2020年 10月30日(金)必着

■発表

 入賞された方にのみご連絡を差し上げます。

■表彰式

 日時:11月26日(木)18:30~20:30
 会場:文京区民センター3階3A集会室(東京都文京区本郷4-15-14)

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

◆応募方法

1.応募用紙に必要事項を記入のうえ、郵送、または Fax、Eメールにて応募してください。自薦、他薦は問いません。ただし推薦者は氏名・所属を明記し、応募理由(推薦理由)を書いてください。 また最終的に当該ジャーナリスト本人に報道内容や受賞する意思の有無について確認して選考します。

2.下記①②資料2点(それぞれ1点づつ)を、反貧困ネットワーク「貧困ジャーナリズム大賞2020」担当まで郵送あるいは Eメール添付でご応募ください。

①対象となる報道内容が分かる資料(新聞や雑誌の記事ならそのコピー、URL、書籍ならその本の現物、テレビなら DVD、ラジオなら録音データなど)

②その報道による反響や成果が分かる資料など *他薦の場合は省略していただいて構いません。

◆応募先

反貧困ネットワーク「貧困ジャーナリズム大賞2020」係
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302 311市民プラザ内
  FAX: 03-5225-7214  E-mail: office@antipoverty-network.org

■問い合わせ先

反貧困ネットワーク 「貧困ジャーナリズム大賞2020」
   TEL: 090-2302-4908(担当:白石) 
E-mail: kanseiwakingupua1950@yahoo.co.jp 貧困ジャーナリズム大賞関連のみ


貧困ジャーナリズム大賞とは

「反貧困ネットワーク」は、ひろがる「貧困」を最大の社会問題として位置づけ、それを解消するために活動する人間同士のネットワークです。


日本において貧困に関するジャーナリズムの関心はこれまで必ずしも高いものとはいえませんでした。ともすれば一面的、感情的、あるいは官庁発表垂れ流しの報道が繰り返され、貧困の実態に関する国民の無関心や無理解、誤解・偏見等を招いてきました。他方でイギリスをはじめとする欧州の国々では、貧困をめぐる報道は日常的に多様な形で行われています。

そこで私たちは貧困問題への理解と意識を持ち、正確にかつ継続的に報道するなど、顕著な報道活動を行ったジャーナリスト個人を対象とした「貧困ジャーナリズム大賞」を設けました。その活動を励まし、社会にもアピールする機会にしようという意図です。フリーの人でも、組織に属している人でも、実際に取材して表現する活動をする「個々のジャーナリスト」を対象とした、ささやかな賞です。

あわせて報道の成果である「記事」や「映像作品」などに一般の人たちが触れ、貧困報道への関心を高める機会にすることもこの賞の目的です。

賞の対象者

貧困問題に関する顕著な報道活動(新聞、雑誌、書籍、テレビ・ラジオ番組、インターネットなどのジャンルを含みます)を行ったジャーナリスト個人(グループも可)

賞の種類

  • ◆貧困ジャーナリズム大賞
  • ◆貧困ジャーナリズム特別賞
  • ◆貧困ジャーナリズム賞

募集要項

ホームページで最新情報をご確認ください。

受賞者一覧